2011年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2011.05.18 (Wed)

「NHKみんなのうた 6・7月号」テキスト発売

本日、「NHKみんなのうた」2011年6-7月号テキストが発売されました。
来月からの「みんなのうた」放送曲は以下のとおりです。

◆新曲
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 『優しいヒーロー』
   うた:タダシンヤ
   アニメ:西内としお
 『Smileflower』
   うた:bump.y
   アニメ:ミスミヨシコ
 『おやすみ』
   うた:岩谷ホタル
   イラスト:いりやまさとし アニメ:高橋竜輝

◆再放送曲
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 『アヒルの行列』
   うた:ザ・シャデラックス、東京荒川少年少女合唱隊
   アニメ:福島治次
   初回放送:1972年10-11月
 『せんせ ほんまにほんま』
   うた:大阪すみよし少年少女合唱団
   アニメ:堀口忠彦
   初回放送:1982年8-9月
 『ファット・マ・イズ・クリーニン・ザ・ルーム~お掃除ママのうた~』
   うた:種ともこ
   アニメ:前田昭
   初回放送:1986年12-1月
 『モンキーパズル』
   うた:堀江美都子
   アニメ:竹口義之
   初回放送:1984年6-7月
 『地球はみんなの大合唱』
   うた:杉並児童合唱団
   アニメ:前田昭
   初回放送:1988年12-1月
 『トタン屋根のワルツ』
   うた:工藤順子
   アニメ:尾崎真吾
   初回放送:1985年10-11月

◇再放送曲~ラジオのみで放送
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 『ベスト・フレンド~Best Friend~』
   うた:SMAP
   初回放送:1992年4-5月
 『Paikaji~南風~』
   うた:加藤登紀子
   初回放送:2001年6-7月
 『ありがとサンキュ~』
   うた:イクエ&カケロマンズ
   初回放送:2004年6-7月
 『レレの青い空』
   うた:ウクレレおじさん
   初回放送:2005年6-7月

この他に、総合テレビ金曜10:55、13:55枠では、
過去に放送した曲の中から1~2曲が放送されます。
詳しくはテキスト「NHKみんなのうた 6・7月号」(NHK出版)をご覧ください。
NHK出版ホームページからもご購入になれます。
17:33  |  放送曲情報  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.08 (Sun)

みんなのうた映像・音声探求曲リスト

先日(前の記事に書いた“壁紙クイズ”の答え合わせのとき)、
公式サイトのデータベースがひそかに(?)更新されているのに気づきました。
その特筆すべき更新点は、
映像・音声が紛失している曲にそれと分かるアイコンが付けられたこと。

広く一般の視聴者の方たちからの協力を得て、
映像・音声の失われた約500曲の「みんなのうた」を発掘しようという
公式サイトの「みんなのうた発掘プロジェクト」。
私も一ファンとしてこの企画に大きな期待を寄せつつ、
一方でいったいどの曲がなくなってしまっているのだろうと、
とても気になっていました。
それがようやく公式サイトのデータベースで分かるようになったということで、
これはぜひともチェックせねばと、本来の目的だった“答え合わせ”もそこそこに
50音リストの「あ」から「わ」まで全ページを再チェック。
その夜未明までかけてどうにかリストアップを終えました。

ちなみに、今回公式データベースを再チェックしていて気づいたのですが、
当初なぜかリストにあった『赤鬼と青鬼のタンゴ』の1993年版が除かれていたり、
逆に『切手のないおくりもの』は1982年版のデータが新たに追加されていたりと、
公式データも知らぬ間にいろいろと訂正が加えられているようです。
1月にチェックしたデータもまだ精査しきれてないというのに・・・
私のデータ整理はますます混迷しそうです。

それはともかく、、、
今回紛失曲チェックをしていて気になったのが、
その中に1980年以降の特集番組で放送された曲や、
近年発売されたDVDなどに収録された曲(下記参照)も数曲含まれていること。
NHKにそれが残っていないというのは少し不思議です。
(番組で曲の一部しか放送されなかったものなどは、
 フルバージョンでは残っていないということかもしれませんが)

■紛失曲が放送・収録された特集番組・市販商品リスト

<特集番組>
★みんなのうた20年

 総合テレビ 1981年9月23日(水・祝)11:00~11:50
【宗谷岬(初回版)、竹田の子守唄、だるまさんがころんだ、天使のパンツ、
 ぼくらは三つ子の男の子】の曲の一部と【モッキンバードヒル】


NHKビデオギャラリー「みんなのうた」
 総合テレビ 1988年1月22日(金)23:30~0:00
【赤鼻のトナカイ、レロンレロンシンタ(リメイク版)】の曲の一部

レッツシングみんなのうた
 NHK衛星第2 1989年6月~9月 ※1回15分・6曲ずつ放送
【あくびのむこうにとびだそう、歩いて行こう、うちのネコぼくのネコ、こびとのうた、
 ごめんなさい、じゃがいも、ツビレグツブレグマーチ、わが名はカウボーイ】


土曜スタジオパーク「みんなのうた大特集・第2弾」
 総合テレビ 2001年3月17日(土)13:50~15:00
【オブラディオブラダ】の曲の一部

<市販ビデオ>
★NHKテレビ みんなのうたより
 ~月岡貞夫・ひこねのりおオリジナルアニメーション集 Vol.1~

 (1989年3月21日発売)
【さびしがりやさんこんにちは】の映像(歌唱は異なる)

<市販DVD>
★岡本忠成作品集 Vol.3
(2009年6月24日発売)
【オナカの大きな王子さま(初回版)、シンフォニック・バリエーション、雪の日のたより】

※【 】内は紛失しているとされる曲のうち該当番組・商品で確認される曲
※市販ビデオ・DVDの詳細についてはHP内の「みんなのうたビデオ・DVDリスト」参照

なお、『オナカの大きな王子さま(初回版)』『モッキンバードヒル』は
2011年4月「みんなのうたスペシャル 1970年代セレクション」でも放送されていますので、
アイコン表示上の誤りと思われます。

私自身、これらの映像を所持していたりもするのですが、
特集番組のうち1980年代に放送されたものについては、
私が自分で録画したものではなく、他の方からご提供いただいたものなので、
私は映像提供を申し出る立場にありません。
・・・と言いつつ実は以前一度求めに応じて映像提供したことがあるのですが、
   そのときの曲も紛失曲にいくつか入ってます。あれはいったいどうなった??


いずれにしろ、私が持っているということは、
オリジナルの録画・録音を持っている方が必ずいらっしゃるということ。
それらの曲は、たとえNHKに残っていなくても、
そういった方たちからの提供により発掘される日も近いのではないかと思います。

なお、上記は私のほうで実際に映像を確認できているもののみですので、
まだまだ他にもこういった番組・商品があると思われます。
もしそのような情報等ありましたら、メールまたはコメント欄までお寄せください。


以下、公式サイトで映像・音声を探している曲を一覧にしたものを、
曲名と放送年のみの簡易版で掲載しておきます。

リスト中の曲の内訳は以下のとおり。

◆=映像・音声を探している曲・・・419曲
◇=映像を探している曲・・・・・・100曲
計519曲(同一曲のバージョン違い含む)

データは2011年5月5日時点のものです。
前述の『オナカの大きな王子さま』や『モッキンバードヒル』、
1996年放送の『父さんの背番号』など、明らかに誤りではないかというものも
一部見受けられますが、そのまま入れてあります。
今後修正・変更があるかもしれませんので、
最新の情報は公式サイトのデータベースでご確認ください。

※探求曲リストの改訂版を作成しました。(8/9)
 
21:18  |  データベース  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.07 (Sat)

公式サイトの“みんなのうた壁紙”で遊んでみる

公式サイトでダウンロードできる「みんなのうた」の放送50年記念壁紙、
最初はあまり関心がなかったのですが、
(デスクトップの壁紙としてはごちゃごちゃしすぎて実用的ではないし)
とりあえずプリントアウトしておいたものを何気なく眺めているうち、
私のなかでふとこんな思いがよぎりました。

「これに使われてる曲全部当てられるかな・・・」

というわけで、この「壁紙クイズ」に挑んでみました。
対象としたのは、ふたつの壁紙のうちより多くの絵が使われている
↓こちらの壁紙。(大きい画像は公式サイトでご確認ください)
みんなのうた壁紙
1920×1200サイズのもので(他のサイズだと左右が少し欠ける)、
横に16個、縦に14個並んだ絵は、ロゴで隠れている部分をのぞいて
計212曲分あります。(一部ダブりあり)

まず結果を言うと、私が正解したのは212個中210個。
もちろん何も見ずこれだけ言い当てたわけでは決してなく、
手元の資料(映像以外)をいろいろ駆使して答えを導き出していきました。
(特に画像中の歌詞テロップには助けられました)

ちなみに、この壁紙に使用されている画像は
公式サイトのデータベースで使われているものと同じようだったので、
最終的な“答え合わせ”はそこで行いました。(1曲だけ例外あり)

ひそかに全問正解をねらっていたので、ふたつ間違ってちょっと悔しい。
しかもまさかあんなひっかけ問題(?)にひっかかってしまうとは・・・。

その解答については、以下の「みんなのうた壁紙曲名リスト」で。

なお、解答にあたって、
壁紙画像を縦(上から下)方向にA~N行、横(左から右)方向に1~16列とし、
A行の1列目の画像をA01、2列目をA02・・・N行の16列目をN16というように、
画像を区別するための番号を付しました。

我こそはという方は、以下の解答を見るまえに
いくつ当てられるか挑戦してみてください!
案外楽しめますよ~。(ってこんなことして遊ぶの私だけか・・・)
 
16:10  |  みんなのうたエトセトラ  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.07 (Sat)

5月8日 NHKとっておきサンデー

明日放送の「NHKとっておきサンデー」の「どーも、NHKです」というコーナーで
「みんなのうた」が取り上げられるようです。

★NHKとっておきサンデー
 総合テレビ
 5月8日(日)10:05~11:54
 ▽どーも、NHKです「みんなのうた50年」
  解説:みんなのうたプロデューサー:飯野恵子

NHK番組表(番組内容)
NHKとっておきサンデー
13:57  |  特集・関連番組情報  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.03 (Tue)

みんなのうたDVD-BOX 2004年版と2011年版の相違点

4月22日に発売された「NHKみんなのうたDVD-BOX」(全12枚セット)、
すでに購入済みの2004年発売DVD-BOXの再販売商品ということで、
当初は買う気はなかったのですが・・・

買ってしまいました。。。(←なぜか小声)

曲が一部差し替わっていることと、
一新されたかわいいパッケージデザインに惹かれてつい・・・。
決して安くはないものだけに葛藤はありましたが、
3月に臨時収入があったこともあり、
ここ数ヶ月の忙しさはこれを買うためだったのだ!と自分で自分を納得させ、
思いきって購入。
内容的にはほとんど違いはないので無駄感がなくもありませんが、
ちょっとしたサプライズもあったりで、
“みんなのうたコレクター”を自認する私としては、まぁ、買って良かったかな、と。

ともかく、買ったからにはこれをネタにひとつ記事にでもしないと
気が済まないというもの。
そこで、2004年版と2011年版の相違点などご紹介しようと思います。

■「NHKみんなのうた DVD-BOX」2004年発売版と2011年発売版の相違点
その1◆販売方法
2004年版は、基本的にユーキャンでの通信販売のみでしたが、
今回発売された2011年版は、一般のCDショップ等でも入手可能です。
ネット通販サイトのなかには割引価格で購入できるお店もありますから、
そういったところで買えばお得です。

その2◆パッケージデザイン
2004年版ジャケット 2011年版ジャケット
第1集のジャケット。左が2004年版、右が2011年版。
一新された今回のパッケージデザインは、若林佳子さんの押し花アートで、
2002年4月以降の「みんなのうた」タイトルバックに使用されていることもあり、
こちらのほうがより「みんなのうた」らしい感じです。

その3◆第1集収録『誰も知らない』の映像
実はこうして商品を手にするまで知らなかったのですが、
第1集の1曲目『誰も知らない』の映像が差し替わっています。
(今見るとNHKエンタープライズの商品紹介ページにも書かれてますが)

2004年版には、和田誠さんと中原収一さんのアニメによる1961年放送の“初回版”、
2011年版には、和田誠さんのアニメによる1965年放送の“リメイク版”を収録。
上の第1集ジャケット画像でもお分かりになるかと思いますが
(小さくて分かりにくいですが・・・)
裏面の収録曲カットも差し替わっています。

なお、『誰も知らない』のこの2バージョンについては、
「うた缶」HP内コメントページの解説欄および「考察・『誰も知らない』」を
ご参照ください。

その4◆第7集収録『展覧会で逢った女の子』→『ぼくんちのチャボ』
第7集の7曲目の収録曲が異なっています。
2004年版では『展覧会で逢った女の子』(新井満)が収録されていましたが、
2011年版では『ぼくんちのチャボ』(ホリイくんと先生)に差し替わっています。

『ぼくんちのチャボ』好きな方、あるいは、“先生”こと三枝成彰さんファンの方は
この曲のためだけにでも再購入するしかない!?

その5◆封入特典クリアホルダー
これも購入するまで知らなかったのですが、
2011年版には封入特典としてクリアホルダーが付いています。
特典クリアホルダー
↑こんな感じでかわいいです。
見開きダブルポケットタイプのクリアホルダーで、
サイズはDVDケースと同じくらい。
BOXの隅にさりげなく入っていたので、あやうく気づかないところでした。
でも全く予想してなかっただけに私にとっては嬉しいサプライズでした。

その他、ジャケットの収録曲カットが一部変更されているなど
よく見るといろいろ細かい違いもあるようですが、とりあえず以上です。

★追記
拍手コメントでご質問いただき、以下の相違点(というか修正点)が
見つかりました。

第3集収録『四人目の王さま』の作曲者
2004年版では誤っていた『四人目の王さま』の作曲者名「青島広志」が、
2011年版では「和田誠」に修正されています。

もっとも、この修正はもっと早い段階で行われていた可能性もあります。
2004年版をお持ちの方で、『四人目の王さま』の作曲者名が
「青島広志」ではなく「和田誠」になっているものをお持ちの方、
もしいらっしゃいましたらお知らせください。
(発売後しばらく経ってから購入された方など、ぜひチェックを!)

また他にもこのように何か気になる点、確認してほしい点などありましたら、
お問い合わせください。
(拍手コメントだといちいち拍手していただかないといけなくなるので、
 この記事にはコメント欄を設けておきます)
23:59  |  CD・DVDなど  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |