2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.02.09 (Wed)

「みんなのうた」の総曲数

「みんなのうた」はいったい何曲あるのか?
その正確な数字は、私にとって長年知りたいことのひとつでした。

私のデータベースでは、2010年12-1月までの時点でちょうど1300作品
ただしこの数字には、リメイク版等による重複も含まれており、
こういった“リメイク版”のどこまでを別の曲としてカウントするかによって、
この数字は大きく変わってきます。

今回、公式サイトで発表された
【1303曲=2011年1月1日現在まで「みんなのうた」が送り出してきた曲数】
という記述は、正直意外なものでした。
私のカウントとほとんど変わらなかったからです。
私の「計1300作品」の中には、歌手や映像などデータ上違いのないものでも、
(再放送ではなく)本放送曲として放送されたものは、
基本的にリメイク版としてカウントしたりしているので、
公式の曲数より多めだろうと思っていました。

それが3曲しか違わない、しかも私のほうがちょっと少ないとなると、
今度はその差が何なのか気になってきます。
時間がないなかでも、これだけは調べてみないわけにはいきません。

というわけで、調べてみました。

まず、曲自体が、公式サイトにはあって私のデータベースにはない、または、
私のデータベースにはあって公式サイトにはない、というものはありませんでした。
つまり、曲数の違いは、リメイク版など同じ曲のデータ上のカウントの差異のみが
原因ということになります。

その詳細は以下のとおりです。

赤鬼と青鬼のタンゴ
 私のデータベースでは、1977年版と1984年版の2曲ですが、
 公式サイトではそれに加え、1993年10-11月の再放送時のデータが
 カウントされているようです。
 このときの放送で何かリメイクされた部分などがあったのでしょうか・・・。

風のくれたひみつ(Swedish Rhapsody)
 公式サイトでは、同じ1968年4-5月に、『風のくれたひみつ』と
 『スウェディッシュラプソディ(風のくれたひみつ)』の2曲が
 重複して入っています。

ごっつぉさま
 私のデータベースでは原則上やむなく2曲としてカウントしていますが、
 これは“リメイク版”としてのカウントではなく、1997年と1998年に
 いずれも本放送曲として放送されたというイレギュラーな作品ゆえです。
 本来(公式サイトのとおり)1曲としてカウントすべきでしょう。

手紙~拝啓 十五の君へ~
 公式サイトでは、『手紙~拝啓 十五の君へ~(9月版)』も含め
 2曲あります。
 2008年8-9月に放送されたこの曲は、9月に別バージョンの映像で
 放送されたのですが、このようなパターンは基本的に
 私のデータベースでは1曲扱いになっています。

峠のわが家
 公式サイトでは、1966年版と1968年版の2曲あります。
 1968年放送のものは再放送と思っていましたが、
 公式サイトのデータによると歌手データが少し異なっていますので、
 リメイク版だったということかもしれません。

トレロカモミロ
 私のデータベースでは、1970年版と1975年版の2曲ありますが、
 公式サイトでは1970年版のみになっています。
 ただし、映像データは1975年版のものが採用されています。
 1970年版と1975年版は少し映像が異なりますので、
 1曲は“リメイク版”ということにしておいていいかと思います。
 (ただ実際のところいつ“リメイク版”が作られたかは不明)

トロイカ
 私のデータベースでは、1961年版と1966年版の2曲ありますが、
 公式サイトでは1961年版のみになっており、
 歌手データが1961年版と1966年版をあわせたようなものになっています。
 1961年に2バージョン放送されたということでしょうか??
 古い曲だけに確認は難しそうです。

夏は来ぬ
 公式サイトでは、1979年版と1982年版の2曲あります。
 もともとこの曲は、「初回版の映像は実写だった」との情報があり、
 DVD-BOX収録の「夢田誠」絵バージョンはリメイク版である可能性が
 高かったのですが、今回公式サイトでもそのようになっているので、
 これまで再放送扱いにしていた1982年版は、私のデータベースでも
 リメイク版として別データにしようと思います。

はさみとぎ
 私のデータベースでは、1965年版と1974年版の2曲ありますが、
 公式サイトでは1965年版のみになっています。
 この曲の映像は、久里洋二さんのアニメで、白黒とカラーの2バージョンが
 確認されています。(絵柄・構成等も異なる)
 『トレロカモミロ』同様、リメイク版の正確な制作年は不明ですが、
 「みんなのうた」がカラー放送化されて以降の1974年再放送時に、
 映像のみリメイクされたと考えるのが妥当と思われます。
 ※「みんなのうた」のカラー放送化は1971年4月

パパおしえて
 公式サイトでは、1975年版と1982年版の2曲あります。
 1982年前後、ステレオ放送用に歌を収録しなおして放送されるというケースが
 結構あったようなので、この曲もその類かもしれません。
 ※「みんなのうた」のステレオ放送化は1981年4月(東京・名古屋・大阪)

 なお、歌手名は私のデータベースでは「岸部シロー&りゅういち」ですが、
 公式サイトでは1975年版は「岸部シロー」、
 1982年版は「岸部シロー(+よしひろくん)」となっています。
 「よしひろくん」のデータは、他の資料でも確認されていますが、
 「りゅういち(くん)」は実際に放送を録音されていた方からの情報で、
 かなり確度の高いデータです。
 これらのことから、1975年初回版は「岸部シロー&りゅういちくん」で、
 1982年のリメイク時に歌手を「岸部シロー&よしひろくん」に変更して
 放送された、ということかもしれません。

はるかに蝶は
 公式サイトでは、1971年版と1972年版の2曲あります。
 映像が「不二アート」と「大井文雄」で異なっていますが、
 不二アートは大井文雄さんらによって設立されたアニメプロダクションなので、
 特に映像が変更されたというわけではないのかもしれません。
 これを“リメイク版”とするかどうか、難しいところです。

ひかるこみち
 私のデータベースでは、1964年版(うた:東京放送児童合唱団)と
 1967年版(うた:西六郷少年少女合唱団)の2曲ありますが、
 公式サイトでは1964年版(うた:東京放送児童合唱団)のみになっています。
 「西六郷少年少女合唱団」は放送音源をお持ちの方からの情報ですので、
 かなり信頼できるデータですが、40年以上前の曲でもあり、
 確認は難しいと思われます。

ラ・ゴロンドリーナ(つばめ)
 私のデータベースでは1968年版と1972年版の2曲ですが、
 公式サイトでは1968年版が『つばめ』と『ラ・ゴロンドリーナ(つばめ)』
 で重複しており、1972年版とあわせて計3曲になっています。

以上、
公式サイトで(私のデータベースより)重複してカウントされている曲が8曲、
私のデータベースで(公式サイトより)重複してカウントされている曲が5曲、
その差3曲で、総曲数1303曲と1300曲の差と一致します。

ああ、こうやって書き出すだけでも疲れた~。
でも何かすっきりしました!
(これで今日はぐっすり眠れそうです)

なお、結局「みんなのうた」は何曲あるの?という問いには、
リメイク版など同じ曲の重複を含めず(すべて1曲とカウントして)、
「1252曲」(2-3月の新曲も含めると1255曲)
としておくのがいいかもしれません。
00:58  |  データベース  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |