2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011.09.01 (Thu)

データベース懸案事項◆リメイク作品編

何かと忙しくて記事にするのがすっかり遅くなってしまいましたが、
今回(8月)のホームページ更新から、データベースの懸案事項について。
まずは懸案中の懸案だったリメイク作品編。

これまでかなりあいまいだったリメイク作品の扱いをちょっと整理しなおし、
以下のようにリメイク版のデータを追加、または削除しました。
(修正により解決を見たものもあれば、
 修正はしたものの未だ懸案として残っているものもあります・・・)
 
■リメイク版のデータを追加した曲
切手のないおくりもの
 1978年初回版と1996年リメイク版に加え、1982年版もリメイク版として追加

 1982年放送時に、歌・映像ともにリメイクされていたようです。
 以前より1982年版にはリメイク情報をいただくなどしていたのですが、
 データ上の違いがあまりなく(データを分けるのが面倒だったこともあり)、
 ずっとその扱いを保留にしていました。
 今回ようやく、リメイク版としてのデータ追加です。

白い道
 1975年初回版と1983年リメイク版に加え、1985年版もリメイク版として追加

 これまでにもこの曲は、【ハイファイセット+実写】【北原ミレイ+中島潔】
 【北原ミレイ+実写】の3バージョンの存在が確認されており、
 データベース上でその扱いをどうするかが懸案となっていましたが、
 今回リメイク版を2データに分けることで落ち着きました。

 なお、「みんなのうた」のテキストでは、1983年4-5月号以降、
 本放送曲と再放送曲の区別(扱いの違い)が見られはじめますが、
 この曲は1985年放送時、再放送扱いの曲として紹介されていました。
 基本的にリメイク作品は本放送曲として放送されることが多いため、
 これまでこの曲の1985年版をリメイク版とすることに抵抗があったのですが、
 今回の更新では、本放送曲であるかそうでないか、ということより、
 実際にリメイクが確認されているかどうか、ということを基本原則にして
 リメイク版として扱うかどうかの判断をしています。

夏は来ぬ
 1979年初回版に加え、1982年版をリメイク版として追加

 この曲も、情報提供等により、映像が【実写】と【絵:夢田誠】の
 2バージョンあることが確認されていた作品で、
 今回、前述の作品などと同様、データを分けることにしました。

パパおしえて
 1975年初回版に加え、1982年版をリメイク版として追加

 1982年版では歌のリメイクが確認されています。(映像については不明)
 歌手データに関しては、公式データでは当初、
 【岸部シロー】と【岸部シロー(+よしひろくん)】となっていたものが、
 現時点ではどちらも【岸部シロー】のみに修正されています。
 うた缶データではこれを、情報提供や各種資料での表記などをもとに、
 1975年版=【岸部シロー(&りゅういちくん)】、
 1982年版=【岸部シロー(&よしひろくん)】としました。

 なお、うた缶データベース上で曲名の表記が
 【パパ!おしえて】と【パパおしえて】とで少し異なっているのは
 それぞれのバージョンの初放送時のテキストの表記に倣ったもので、
 それ以上の意味はありません。
 (実際に曲名の区別があったわけではないと思われます)

はるかな友に
 1963年初回版に加え、1973年版をリメイク版として追加

 1973年に映像がカラー版にリメイクされたようです。(歌については不明)
 歌手データに関しては、公式データでは当初(1データしかなく)、
 【ボニージャックス、立教・早稲田・上智グリー・慶応】となっていましたが、
 現時点では【ボニージャックス】のみに修正されています。
 うた缶データでは、初回版とリメイク版それぞれ
 【ボニージャックス、立教・早稲田・慶応・上智大学グリークラブ】
 【ボニージャックス、早稲田・慶応・上智各大学グリークラブ】
 としていますが、初回版は情報提供および各種資料を参考にし、
 リメイク版は1988年再放送時テキストの表記に倣ったもので、
 この表記上の違いは、歌がリメイクされたことを示すものではありません。


■リメイク版のデータを削除した曲
おおブレネリ
 1966年リメイク版のデータを削除し、1963年初回版のみに変更

 1963年版・1966年版ともに、歌は【東京放送児童合唱団】だったことが
 確認されたため、1966年版のデータを1963年版に統一しました。
 ただし、実写の映像(ロケ地など)が異なっていた可能性もありますので、
 1966年版がリメイク版ではないと断定するものではありません。

 なおこの曲は、1966年放送時「6月の歌」として毎回放送されており、
 今で言う“本放送曲”として捉えるのが妥当かと思われますが、
 リメイクが確認されていないため、データ上では再放送曲となります。
 (このような曲を“本放送扱い再放送曲”と呼んでいます)

ごっつぉさま
 1998年本放送時のデータを削除し、1997年初回本放送版のみに変更

 1998年版は、特にリメイクされていたわけではないにもかかわらず、
 本放送曲としての再登場だったため、これまでうた缶データベース上では
 リメイク作品扱いしていました。
 今回これを改め、1998年版は“本放送扱い再放送曲”ということで、
 1997年版のみの1データにしました。

トレロ カモミロ
 1975年リメイク版のデータを削除し、1970年初回版のみに変更

 これまでこの曲は、2つの映像データが確認されていたため、
 初回版を【アニメ:久里洋二、絵:毛利厚】、
 1975年版を【絵:加藤晃、アニメ:毛利厚】としていました。
 初回版は1989年の特集番組でこの曲が放送された際のクレジットを、
 1975年版は加藤晃さんの特集記事(1985年6-7月号テキスト)内での
 「昭和50年8・9月『トレロ カモミロ』毛利厚さんと共同制作」
 との記述を参考にして、データとして採用したものでした。

 ところが、最近になって、ご提供いただいたある資料の記述により、
 1970年初回版も【加藤晃&毛利厚】だったことが濃厚になってきたのです。
 実際、特番で放送されたものと、その後の再放送やDVD収録のものでは、
 映像にやや違いが見られますが、それは色合いの違いといった程度のもので、
 制作者が異なるのはちょっと不自然な気もしていました。
 「みんなのうた」は1971年にカラー化されていますので、
 その年のこの曲の再放送時、カラー放送用に手直しされたのかもしれません。
 ただそれは、リメイクというほどのものではなく、
 制作者が同じであるならデータを分ける意味はないとの結論から、
 これをリメイク版とはしないことにしました。

 なお、これら特番でのクレジットを採用したデータについては、
 今後再検証していく必要があるかもしれません。

ひかるこみち
 1967年リメイク版のデータを削除し、1964年初回版のみに変更

 これまでこの曲の歌唱は、1964年版を【東京放送児童合唱団】、
 1967年版を【西六郷少年少女合唱団】としていましたが、
 いずれも【東京放送児童合唱団】だった可能性が高くなったため、
 1967年版のデータを1964年版に統一しました。
 ただし、前述の『おおブレネリ』同様、
 映像(実写)がリメイクされた可能性は残っています。


■公式データとうた缶データで扱いが異なる曲
以上の曲は、今回の更新でリメイク版の扱いを公式データと同様にしたものですが、
以下のように公式データとうた缶データで扱いが異なる曲もあります。

誰も知らない
 公式データでは1961年版のみ、うた缶データでは1961年版と1965年版

 この曲は、映像が【和田誠&中原収一】(前半・後半共同制作)のものと、
 【和田誠】(単独制作)のものの2バージョン確認されており、
 公式データでも当初は2バージョンのデータがありましたが、
 いつの間にか【和田誠】バージョンのみに修正されていました。
 今年4月にリニューアル発売されたDVD-BOXでも、
 【和田誠&中原収一】バージョンから【和田誠】バージョンに
 映像が差し替えられていましたので、
 これが正式なものとの見解なのかもしれません。

 この件については、「NHKみんなのうた絵本1」(童話屋)に書かれた
 和田誠さんご自身のコメントにより、
 【和田誠&中原収一】バージョンの和田誠さん制作映像は、
 “テスト版”だったことが明らかになっています。
 ただそうなると、中原収一さん制作映像はまったく放送されなかったのか?
 という疑問が残ります。

 また、2006年に和田誠さんの“正式版”が発見され再放送されるまで、
 雑誌の特集記事やいくつかの特集番組および再放送などで、
 “テスト版”とされる映像(画像)のほうが使用され続けたため、
 【和田誠&中原収一】バージョンを初回版とすることが、
 かなり一般的になってしまっているという現状があります。

 このようなことから、(公式データ同様に)うた缶データベース上からも
 【和田誠&中原収一】のデータを削除することにはためらいがあるため、
 これまでどおり、初回版を【和田誠&中原収一】、1965年版を【和田誠】とし
 この曲のコメントページでそういった事情を付記するに止めています。
 もし今後、初回版=【和田誠】で確定されるような事実が出てくるなどした場合、
 うた缶データ上でも修正する必要が出てくるかもしれません。

峠のわが家
 公式データでは1966年版と1968年版、うた缶データでは1966年版のみ

 公式データでは、1966年版と1968年版とで歌手名の表記が、
 【岩崎進】【岩崎進、東京マイスタージンガー】と異なっていますが、
 うた缶データでは、1966年放送時の新聞テレビ欄にも
 【東京マイスタージンガー】の名が見られることから、
 1966年版も【岩崎進、東京マイスタージンガー】だったと判断し、
 データ上違いのない1968年版をリメイク版とはしていません。

はさみとぎ
 公式データでは1965年版のみ、うた缶データでは1965年版と1974年版

 この曲はデータ上、1965年版と1974年版で違いはないのですが、
 白黒とカラーの2バージョンの映像(アニメ)が確認されていますので、
 うた缶データでは1974年版をリメイク版としています。
 久里洋二さんによるこの2バージョンのアニメーションは、
 前述の『トレロカモミロ』とは異なり、絵が全編描きかえられた別物です。
 ただし、このカラー版の映像が放送された1989年の特集番組では、
 「昭和40年4月、5月の放送」と紹介されていましたので、
 放送年を1974年としたのは、私の判断によるものです。
 (「みんなのうた」カラー化後の70年代唯一の放送だったため)

 なお、このように同じ作者による別バージョンの映像が確認されている作品でも、
 それが同一放送期間中に放送された場合は、
 これまでどおりリメイク版とはせず、1データとして扱っています。
 (『父さんのつくった歌』『手紙~拝啓 十五の君へ~』など)

■歌のバージョン違いについて
 再放送時にコーラスの有無や歌詞の変更など、初回版とは違うかたちで
 放送されたことが確認・報告されている曲がいくつかありますが、
 これらデータ上違いがなく、
 かつ本放送曲としての再登場と断定できない曲は、
 現時点ではリメイク作品とはしていません。

 想い出のグリーングラス
 算数チャチャチャ
 詩人が死んだとき
 パンのマーチ   など

※公式データ=みんなのうた公式サイトで公開されているデータ(2011年8月6日確認時点)
※うた缶データ=みんなのうた缶サイト内「みんなのうた総合データベース」のデータ
00:29  |  データベース  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 
  ※コメントは承認制です。承認されるまで時間がかかる場合があります。

▲PageTop

 | BLOGTOP |